お月さまの光

 さてさて、その日も、星のきれいな夜。
 そして、例によって、ここに、不思議な力を使って、みんなで楽しく集まっている犬の仲間たち。
 ジャーマンシェパードのライナ君。シェルティーのゆう君とサクヤちゃん。ラフコリーの風太君。豆柴のコマチちゃん。そして、ミックスのミカド君。
今夜も、みんなで仲良くわいわい。笑顔がいっぱいです。

 あのお星さまのことがあってから、みんなはまたお星さまが落っこちてきやしないか、ちょっと心配でした。ですから、こんなに星のきれいな夜には、みんなで星空をなんとなく眺めてしまいます。ライナ君もミカド君も、あの夜のできごとが忘れられないようです。
「あ~、あの日の夜はホントに大変だったのだ~。」
「あれは、山のてっぺんまで走り通しだったからね。ホントに疲れたよ。」
「でも、お星さまがお空に帰れて、よかったのだ~。ほら、今夜もあんなにキラキラ光ってるのだ~。」
「まあ、苦労したかいがあったってものだね。」
「そのとおりなのだ~。」
 穏やかな夜。やっぱりそんな日が一番です。何事もなく、みんなで楽しく過ごせることが、やっぱり幸せですよね。

 この日は海辺のそばに集合した六ワンたち。砂浜を駆け回ったり、のんびりお星さまをながめたり。みんな楽しく過ごしている、そんな時に事件は起きちゃいました。
 みんなと少しはなれた砂浜で静かにお星さまをながめていたサクヤちゃんとゆう君と風太君。コマチちゃんもいますけど、お昼のお散歩ではしゃぎすぎて、風太君にぴったりくっついてスヤスヤおやすみ中です。
 お空には、半分のお月さま。そのお月さまを見て、サクヤちゃんはゆう君に聞きました。
「ゆうお兄ちゃん。この前みんなで集まった時は、お月さま、まん丸だったでちゅよね?」
「そうそう、そうだったでちね。まん丸でとってもきれいなお月さまだったでちよ。」
「じゃあ、今夜はその半分はどこにいっちゃったんでちゅか?」
「ん~。そんな難しいこと、わからないでち。」
 サクヤちゃんはまん丸のお月さまが大好き。なのに、今夜は半分だけ。もう半分がどこにいったのか、ふしぎでふしぎでたまりません。そんな考え事をしているサクヤちゃんに、風太君がたずねました。
「何のお話しをしているなの~?ぼくにも聞かせてほしいなの~。」
 考え事に夢中なサクヤちゃんに変わって、ゆう君が答えます。
「サクヤちゃんがお月さまの半分がなくなってるのはなぜかって考え中なんでちよ。」
「お月さまの半分?それはぼくにもわからないなの~。」
「ほんとに、どこにいっちゃったのかちら?」
 サクヤちゃんがそうつぶやいて、お空から目を下ろしてみたら、
「あっ!あったでちゅ!もう半分のお月さまの光、落ちちゃってるでちゅ!大変!早くひろって返してあげなくちゃ!」
 そうさけんだと思ったとたん、サクヤちゃんは海にザブンと飛びこんで、ものすごいいきおいで泳ぎ始めました。
「サ、サクヤちゃん!危ないでちよ!」
「早くもどっておいでなの~!」
 ゆう君も風太君も大きな声でサクヤちゃんに呼びかけましたが、サクヤちゃんはまっすぐに沖へ沖へと向かって泳いでいってしまいました。

 そのころ、のんびり星空をながめていたライナ君とミカド君。
「ほんとに星がきれいなのだ~。」
 ライナ君は、星空をうっとりした目をしてにこにこしながらながめていました。
 そこへ、あわててゆう君が走り寄ってきました。
「大変でち~、大変でちよ~!」
 ゆったり気分のライナ君とミカド君は、ゆう君のあわてたようすにおどろきました。
「ゆうたん?いったいどうしたんのだ~?」
 ライナ君がゆう君に聞きました。
「サクヤちゃんが、海に飛びこんじゃったんでちよ!」
「何だって?サクヤちゃんが?」
 ライナ君たちはびっくり!体の小さなサクヤちゃん。その子が、あの大きな大きな海に、しかもこんな夜中に飛びこんだっていうんですから、こんなに大変なことはありません。
「とにかく、海まで行ってみよう!」
 ミカド君がそう言うと、ライナ君とゆう君といっしょに海の方へと走っていきました。

 砂浜に着くと、波打ちぎわで風太君とコマチちゃんが立ちすくんでいました。コマチちゃんはサクヤちゃんが海に飛びこんださわぎで目を覚まして、ずっと風太君にぴったりくっついて、ふたりでサクヤちゃんのことをどこかに行ってしまわないかと見守っていたのです。
 暗い海でしたが、空には半分のお月さまが明るくてらしてくれていて、まだなんとかサクヤちゃんのすがたを見ることができます。とはいっても、ちょっと高い波、この波では泳ぎの得意なライナ君でも、行ったはいいけど、帰れるかどうかが心配なところ。みんな、どうしたらいいか、わかりませんでした。
「いったい、どうしてこんなことになったんだい?」
 ミカド君がだれに聞くとはなしに聞いてみると、サクヤちゃんを見守っていた風太君がこう言ったのです。
「お月さまのかけらが見つからないって言ってたなの~。」
 お月さまのかけら?いったいどういうことでしょう?みんなはきょとんとしています。
「お月さまのかけらって、それはどういうことなのだ~?」
「今夜のお月さま、半分が欠けていて、まん丸じゃないなの~。きっと、どこかに落ちちゃったって、サクヤちゃんはずっと考えてて…。」
 なるほど、確かに今夜は半月。半分しか光っていません。
「だって、それはいつものことじゃないか。まん丸から毎晩毎晩小さくなってきて、そのうちになくなって。で、まただんだん大きくなって、まん丸になって。お月さまってそういうものだよ。」
 ミカド君やライナ君にはそれは当たり前のことだとわかっていました。ただ、どうしてそうなるのかは知りません。するとコマチちゃんが、が言いました。
「だけど、ほら、海に光が落ちてるんですぅ。きっとあれをひろってきて、お月さまに返してあげるって、サクヤお姉ちゃんが海に飛びこんじゃったんでしすぅ。」
 そうだったんです。お月さまが欠けていてかわいそうに思ったサクヤちゃんは、海にうつった半月の光を、お月さまが落としたもう半分のかけらだと思いこんで、海に飛びこんじゃったんです。
 それを聞いたライナ君は、
「バ、バカな!そんなもの、いつまで追いかけたって、とどくわけがないのだ~。」
 と言うと、
「サクヤちゃ~ん!帰ってくるのだ~!」
 声を限りにさけびました。でも、その声も波の音にかき消されてしまったようで、もうすぐ夜のやみに姿が消えそうなサクヤちゃんにはとどきません。
「しかたがないのだ!今から助けに行くのだ~!」
 ついにライナ君が海に飛びこもうとしました。
「ライナ君!あぶないよ!」
 ミカド君がライナ君を止めました。
「でも、だれかが助けに行かないと、サクヤちゃんが今におぼれちゃうのだ~!」
 ライナ君はミカド君をふりはらおうとしました。そのようすを見てゆう君が言いました。
「体が大きくて力の強いライナっちひとりならサクヤちゃんのところまではすぐに追いつくでち。だけど、帰ってくる時はサクヤちゃんもいっしょでちよ?つかれてぐったりしているサクヤちゃんはきっと重たいはずでち。そしたら、ライナっちだってあぶなくなっちゃうでち。」
 どんどん遠くなっていくサクヤちゃんを心配そうにながめながら、ゆう君は落ち着いて考えていました。
「だったら、どうしたらいいのだ~?」
 ライナ君がはやる気持ちをおさえながら、みんなに聞き返しました。
「みんなで行こうよ。ふしぎな力でさ。」
 ライナ君もゆう君も、ミカド君の言葉におどろきました。だって、ふしぎな力は一晩に二回だけしか使えないからです。一回目はみんなで集まる時に。二回目はご主人さまのところへ帰る時に。もし、ここでふしぎな力を使ったら、ご主人さまのところには帰れなくなってしまいます。
「そんなことしたら、おうちに帰れなくなるでちよ。」
 ゆう君がそう言うと、今度はライナ君がゆう君を止めました。
「おうちに帰れるかどうかは、あとで考えることなのだ~。今、大切なのはサクヤちゃんなのだ~。」
 ミカド君が続きました。
「今、サクヤちゃんがいるところまで泳いでいったら、きっとつかれてしまうだろ?でも、ふしぎな力で行けば泳ぎつかれることもないし、僕たち三ワンならぐったりしたサクヤちゃんを岸まで運べるはずだよ。さいわい、今は波がおだやかだ。行くなら今だよ!」
 ライナ君とミカド君の言葉にゆう君も心を決めました。
「うん、そうでちね。今はそれがいちばんでちね。風太っちとコマチちゃんはここでお留守番でちよ。万が一、何かあったら、ふたりがだれかを呼んでくるでち。」
 風太君とコマチちゃんはゆう君のことばにうなずきました。
 そして、ライナ君、ミカド君、ゆう君は目をとじて、心をひとつにして念じはじめました。すると、砂浜から三ワンのすがたがすうっと消えたのです。

 ふしぎな力を使った三ワンたちは、あっという間にサクヤちゃんの近くに現れました。
「サクヤちゃん、助けにきたのだ~」
 サクヤちゃんはなかなか海にうつった半分のお月さまに届かなくて、泳ぎつかれて気をうしないそうでしたけれど、ライナ君とゆう君、ミカド君のすがたを見て、とてもうれしくなりました。
「お兄ちゃんたち!助けにきてくれたでちゅか?ありがとうでちゅ!でも、お月さまが、もう半分のお月さまが…!」
 それを聞いたライナ君は
「そんなことはいいから、早くぼくの背中に乗るのだ~。もう浜辺まで帰らないとたいへんなことになっちゃうのだ~。」
と、サクヤちゃんに言い聞かせました。ミカド君とゆう君がサクヤちゃんをライナ君の背中に乗せて、そしてライナ君を押すように泳ぎ始めました。
 三ワンはサクヤちゃんをつれて、浜辺まで力強く泳ぎます。みんないっしょうけんめいで、もうすぐにでも浜辺にまで着きそうないきおいでした。
 でも、その時です。さっきまでおだやかだった波が突然大きくなって、みんなをのみこもうとしたのです。足がつくところのもうすぐそこまで来ているのに…。
「が、がんばれなの~!みんな~!」
「あと少しですぅ~!」
 浜辺から風太君とコマチちゃんが大きな声で呼びかけます。
「負けるもんかでち!」
「もうすぐそこだ、がんばろう!」
 そんなみんなの声が夜空にひびきました。すると、
「みんな、まかせて!海の仲間たちに声をかけるから!」
 その声の方に目を向けると、それはなんと夜空で一番明るいお星さま。そう、あのときのお星さまでした。
「お星さま!助けてくれるのか~?」
 ライナ君の言葉に、お星さまはきらりと光ってうなずいて、そして、海に向かって、こう呼びかけました。
「イルカさ~ん、カメさ~ん、海の仲間たち~!みんなでそのワンちゃんたちを助けてあげて~!」
 すると、どうでしょう。みんなの周りの海のお水がザワザワという音を立てて、盛り上がってきました。そして、たくさんのおさかなさんやイルカさん、カメさんが、みんなを持ち上げるようにしてくれたのです。ライナ君の背中にいた小さなサクヤちゃんをいっぱいのおさかなさんたちが、ライナ君をイルカさんが、ミカド君とゆう君はカメさんたちが、それぞれその体を持ち上げて、助けてくれました。そして、そっと、静かに、足がつくところまでみんなを運んでくれました。あの大きな波にのみこまれていたら、どうなっていたか、わかりません。
「海のみんな~、ありがとう!」
「ほんとうにありがとうなのだ~!」
「お星さまもありがとうでち!」
 みんなの声に、お星さまはキラキラと、海の仲間はバチャバチャと、笑顔でこたえてくれました。

「エ~ン、エ~ン、ヒック、ヒック。」
 助かってから泣いてばかりのサクヤちゃん。そのサクヤちゃんに、一番お兄さんのミカド君が、ちょっとこわい顔をして、こう言いました。
「ほら、サクヤちゃん。泣いてないで、みんなにしっかりあやまるんだよ。」
「ごめんなさいでちゅ、ほんとにごめんなさいでちゅ!」
 そんなサクヤちゃんを、ライナ君がなぐさめてくれました。
「もういいのだ~。それに、ぼくたちよりお星さまや海の仲間たちが助けてくれたようなものなのだ~。」
「まあ、とにかくみんな無事でよかった。」
 ただ、サクヤちゃんには、まだふしぎに思っていることがありました。それは…。
「でも、どうしてお月さまは半分に欠けちゃったんでちゅか?あのままじゃ、お月さまがかわいそうでちゅ。」
 さてさて、それはむずかしい質問です。たぶんみんなにはちんぷんかんぷん。どうしたらいいのでしょう。
 するとライナ君が、そっと話し出しました。
「サクヤちゃん。これはぼくの考えなんだけど…。きっと、お月さまはとってもやさしいのだ~。」
「やさしいって?」
「うん。まん丸になって光るのは一ヵ月に一度くらいだけ。その時以外は、他のみんなに自分の光を分けてあげていると思うのだ~。」
 光を分けている…。どういうことでしょう。
「まっ暗やみで困っている子どもたち、悲しくて未来が見えない子どもたち、苦しくて目をつぶったまま泣いている子どもたち…。世界には、心に光がなくなって、さびしい思いをしている子どもたちが、たくさんたくさんいるのだ~。」
 その言葉に、ミカド君も、ライナ君が何を言いたいのかがわかったようで、こう続けました。
「世の中にはね、まずしさとか病気とか、それに戦争っていう、悲しいできごとがたくさんあって、大人になれなくて天国に行っちゃう子どもたちも、少なくないんだよ。」
 ライナ君がミカド君の言葉にうなづいて、また続けました。
「だから、お月さまは身をけずって、そんな悲しい思いをしている子どもたちの心に、少しずつ少しずつ光を分けているのだ~。そして、光がなくなったら、お月さまがまん丸になるまで、お日さまの光はもちろん、いろんなやさしい仲間の心の光を少しずつ分けてもらって、いっぱいにためこんでいくのだ~。そうやってまたまん丸になったら、つらい思いをしている子どもたちに光を分けていくのだ~。」
 さすがはライナ君。でも、ほんとにすてきなお話ですね。お月さまの満ち欠けには、そんな理由があったなんて。
 ゆう君もライナ君たちの言葉に続きました。
「まっ暗な心でいたら、どうしたらいいかわからないでちけど、少しでも心が明るくなったら、がんばっていけるでちからね。」
「そうさ。今の半分のお月さまは、みんなに分ける光をためているところ。それなのに、あのままサクヤちゃんがかんちがいして、もし大変なことになっていたら、お月さまも悲しくなって、光をためられなくなっちゃったかもしれないね。」
「みんな、ごめんなさいでちゅ。それに、お月さまもごめんなさいでちゅ。」
 みんなに、そしてお月さまにぺこりと頭を下げたサクヤちゃん。
 すると、とつぜんあたりが明るくなりました。何が起きたんだろう、みんながまわりを見まわして、そしてお空を見あげた時でした。さっきまで半分のお月さまが、まん丸になって光っていたのです。
「お月さまがまん丸だ!」
 ミカド君がさけびました。
「そんなまさか。まん丸になるには、まだまだ先のはずでち。」
 ゆう君もおどろいて、お口をあんぐりさせています。
「いやいや、おどろくことはないさ。今のみんなのあったかい心の光が、わたしをまん丸くしてくれたのだよ。」
 どこからかそんな声が聞こえてきました。そう、それはお月さまの声だったのです。
 ライナ君もびっくりです。半分のお月さまが、急にまん丸になるなんて見たことも聞いたこともありませんし、そのお月さまがみんなに話しかけてくれているのですから。
「お月さまなのか~?お月さまがぼくたちにお話ししてくれているのか~?」
「ああ、そうだよ。ライナ君。君が言ったとおり、わたしはみんなから心の光を分けてもらってまん丸くなるのさ。そして、その光をつらい思いをしている子どもたちに分けている。ほんとうにそのとおりさ。」
 そういうお月さまに風太君がたずねました。
「でも、どうしていきなりまん丸くなっちゃったなの~?」
 すると、お月さまはやさしくほほえんでこう言いました。
「みんなは、サクヤちゃんを助けようとしてがんばったじゃないか。それはみんなの心の中にやさしい光がいっぱいだったからだよ。そして、そんなみんなに力をかしてくれたお星さまや海の仲間たちの心にも、そんな光がいっぱい。その心の光を少しずつ分けてもらったら、こんなにまんまるくなっちゃったのさ。」
 やさしい心の光がいっぱいあふれたさっきのできごとが、お月さまをまん丸くしたのでした。
「ライナお兄ちゃんたちが言ってたこと、ほんとうだったんでちゅね。」
 お月さまのお話を聞いてサクヤちゃんも大満足。さっきまで泣いてばかりだったのに、今ではニコニコの笑顔がもどってきました。
「サクヤお姉ちゃんも、お月さまの光を心に分けてもらったみたいでした~。」
 コマチちゃんも、にっこり笑いながらそう言いました。
「さあ、そろそろおうちに帰らないと、みんなのご主人が心配するよ。早くおうちにお帰り。」
 お月さまがそう言うと、みんなはちょっとしゅんとしてしまいました。
「どうしたんだい?」
 お月さまにそう聞かれて、ミカド君が答えました。
「じつは、さっきおうちに帰る力を、サクヤちゃんを助けるために使っちゃって。だから、今夜はおうちにもどれないんだ。」
 それを聞いたお月さまは、やさしくほほえんでこう言いました。
「そんなことか。だったら、わたしとお星さまたちの力をかしあげよう。そうすれば、もう一度だけ、その力を使えることができるはずだよ。」
 そうお月さまが言ったとたん、夜空がもっと明るくなりました。お月さまもお星さまたちも、たくさんの光でみんなをてらしてくれたのです。
「さあ、これで君たちに、おうちに帰れる力がもどったはずだよ。ためしてごらん。」
 お月さまに言われたとおり、みんなは心を一つにして、おうちに帰るように念じはじめました。すると、みんなのすがたがスウッとうすくなってきました。
「ありがとうなのだ~、お月さま!」
「ありがとうでち、お星さまたち!」
「ありがとう、海のみんな!」
「みんな、大好きでちゅ~!」
 そんな声を残して、浜辺から六ワンたちのすがたは消えていきました。

静かな静かな、おだやかな夜。そんな夜の、ちょっとした事件。でも、無事に事件は解決。
 これで六ワンたちも、おうちに帰ってグッスリ眠れそうですね。
 でも、朝起きてご主人たちはびっくするかも。だって、みんなの体は、海のお水でびしょぬれでしたからね。





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック