四十九日

ミカド君

今日で君が亡くなって四十九日だ

今日で君の来世が決まる

君は虹の向こうで僕のことを待っているのかもしれないけれど

もし君の来世がすばらしいものなら

行っておいで

僕は君のわずかな異変に気づいてあげられなかったダメな飼い主だった

僕はそれをこれからずっと悔やむだろう

そんな僕なのに

君は僕の腕の中を最期の場に選んでくれた

僕の腕の中で息を引き取ったんだ

僕にはもったいないくらいの君からの最後の贈り物だった

そればかりじゃない

僕なんかのペットになって

それでも僕を癒やし慰め笑顔をくれた

もうそれだけで充分だよ

感謝しかないんだ

それでも君は僕を待っているのかい?

君の来世がすばらしいものなら

僕はつらいけれど

待っていなくてもいいんだよ?

ねえ ミカド君

君が幸せになるなら

それが僕の願いだよ



いや それでも君は僕を待っているだろう

そしてそれまで僕を見守っているんだろうね

本当にもったいないくらいだよ



今日 合唱の発表会だった

生徒たちのきれいなハーモニー 聞こえたかい?

僕の車の中でよく合唱を聞かせたよね

君は歌が好きだったよね

君のことだ

こっそり僕の隣に来て聞いていたのかもしれないね



ミカド君

君が亡くなった時間 君が亡くなったベッドで

今日 手を合わせたよ

また泣いてしまったよ



ミカド君

会いたいなあ

画像


画像


画像


画像












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック