合唱にマジックはないよ

中学3年生の級外だと、この合唱の時期は、半分気が楽で、半分つまらない。

クラスの合唱をどう盛り上げて、たとえ入賞がなくとも、自分たちの大切な1曲として、またそれまでの努力の積み重ねで、感動と絆を築き上げるか、頭を悩まさなくていいのは気が楽。

だけど、やっぱり、その感動を生徒の身近で感じることは、担任でしか味わえない喜びなんですよね。

今、僕のいる中学校は、今週末に合唱祭。

賞は設けていないけど、やっぱり大きな行事の一つとして位置づけられていて、かなり熱が入っています。

そして、その発表会が今度の金曜日。

市立のホールを借りて開催します。

がんばれ、3年生のみんな!



だけど、なかなか盛り上がらないクラスもある。

というか、先日行われた中間発表会は、やや残念。

学校の体育館で行われたから、音が飛んじゃうし、それ以前に、生徒自身も学年のみんなの前で唱うことでかなり緊張。

全体に線の細い歌声になってしまいました。

まあ、放課後の練習の様子を見ていても、自信のなさは以前からうかがえていました。

音が取れているかどうかという不安に加えて、唱えている子も、強弱の付け方などに迷いがあったり、のびのびと唱えている子は各クラスともわずか。

中間発表を終えて、さらに不安げな生徒たち。

放課後の練習も、焦りと不安で空回りしているクラスもありました。

そのクラスの中に、僕が知っている「聞こえる」を唱うクラスがあり、担任の許可を得てちょっとだけアドバイス。

そしたら、いきなり改善されちゃいました。

生徒からは、

「先生のマジックだ!」

という声があったそうな。

そのウワサは翌日一気に広がって、他のクラスの生徒や担任の先生にまで、放課後、合唱を聞いてアドバイスしてほしいって言われたんです。

で、頼まれたとおり、放課後に聞きに行って、そしてちょっとアドバイス。

やっぱり一気に改善。

担任の先生に感謝されました。



だけど、マジックなんて使っていません。

むしろそんな魔法があったら教えてほしいくらいです。

まず、できていることを認めてあげればいい。

自信がないのに、それ加えて、あれができていない、あれはダメだった、なんて言われたら、生徒は萎縮しちゃいます。

生徒は練習した分、必ず成長しています。

昨日と違うところ、朝と違うところ、等、よかったところを見つけて、ちゃんと認めてあげれば、それだけでも少しは自信になります。

そして、合唱曲の簡単なポイントは、フォルテとフォルテシモ。

ここをいかに迫力を持って唄えるかで、他の強弱のめりはりの付け方もわかるもの。

また、ここで思いっきり声を前に出せるようになれば、生徒にだって自信がつくんです。

それを具体的に、わかりやすく、こんな感じで唱ってごらん、とアドバイスをすればいいだけ。



それと、合唱のために頑張っているクラスの仲間の存在をはっきりさせてあげることです。

伴奏者なんていい例です。

みんなと同じ中学3年生。

みんなと同じ宿題も出ているし、みんなと同じ受験の悩みがある。

だけど、それでも時間を割いて、家庭でも伴奏の練習をしているんです。

指揮者だって、各パートリーダーだって、みんなクラスのために頑張っている。

みんなはなんとなくそれは知っているけど、それをはっきりさせてあげなきゃわからない生徒も多い。

僕はそれを教えてあげただけ。

たったそれだけです。



もう一つ付け加えるなら、僕は生徒を笑顔にさせながら、それらの話をします。

頭ごなしに言ったり、難しい顔をして言っても、それではあまり心に響かない。

心にゆとりを持たせて、そして、僕の話にも集中してもらって、その話をしてあげます。

当然僕も笑顔。

合唱は楽しいものです。

苦痛じゃない。

だからこそ、お互いに笑顔で話すことが大切。

ね?

マジックなんか使ってないでしょ?



さて、明日からの合唱練習。

本番直前を迎えて、どんな感じになるのだろう?

また、各クラスを渡り歩いてみよっと。



あ、これは別の学校での「聞こえる」です。


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • オレンジ

    ちょうど明日中学の合唱祭があります
    昨日中3の子と話していて
    声がでなくてって言ってました

    マジックはないかもだけどお言葉頂きたいですね

    明日は私も1年に一度の楽しみな日です(^-^)
    2012年10月16日 08:55
  • 声が出なくって、というのはその子だけのことなのか、クラスとしてなのか、いずれにしても、最後の最後にかけてある言葉は、
    「声が出なくっても、気持ちを出そう。
    今まで一緒に頑張ってきた仲間への思い、聞いてくれる人に届けたい思い、それを思いっきり出せばいい。」
    です。
    頑張ってほしいですね。
    2012年10月17日 05:40
  • 841

    お久しぶりです。
    先日、息子の母校N中学の合唱祭(AOI)を見に行ってきました。
    1年生(去年の6年生)がとってもよかったです。
    音楽指導のボランティアで関わった学年なので「親バカ」もありますがきちんと練習を重ねた合唱になっていました。

    残念だったのは3年生。。。
    中学最後の合唱なのに、舞台の上でもワイシャツを出してだらしなく場を乱している男子生徒が目立ちました。
    まっすぐ立たずダラダラダラダラ・・・他の子と喋ったりふざけたり・・・
    そのありえない雰囲気に驚きました。

    酷いクラスは、男子が見るからにやる気がなく、合唱が始まっても声を出さない・・・男子が歌わないから女子の声しか聞こえないのです。
    伴奏と指揮の子が私の生徒だったのでかわいそうで涙が出そうでした。

    「男子が歌ってくれない。」と聞いてはいましたが、ここまで酷いとは!?
    多分学年一難しい伴奏をあんなに頑張って練習して、指揮の子と一緒にレッスンに来て合わせる練習もたくさんやったのに・・・
    女子は一生懸命歌っていましたが、混声3部の歌で男性の声がほとんど聞こえなければどうにもなりません。

    いったい、指導者は何をされていたのでしょう?
    担任の先生は?

    中学の合唱祭は何度も見に行っていますが、こんながっかりな合唱は初めてでした。

    先生のいらした頃の学校がなつかしいです。
    あの時の合唱「道」が忘れられません。
    2012年10月26日 09:08

この記事へのトラックバック