お星様のおはなし

その日は、星のきれいな夜でした。
こんな夜は、よく猫たちが集まって、仲間と仲良くお話をするものです。
では、犬たちは?
リードにつながれていたり、家の中にいたり。
なかなか外には出られないもの?
いやいや、案外、飼い主たちが寝静まったころ、不思議な力を使って、こっそり家を抜け出して、猫たちみたいに楽しく遊んでいたりして…?
そして、ここに、そんな不思議な力を使って、みんなで楽しく集まっている犬の仲間たちがいました。
ジャーマンシェパードのライナ君。
シェルティーのゆう君とサクヤちゃん。
ラフコリーの風太君。
豆柴のコマチちゃん。
トイプードルの抹茶ちゃん。
そして、ミックスのミカド君。
みんなは、ふとしたことから、不思議な力のテレパシーで通じ合い、それからその不思議な力を磨きに磨いて、こうやってこっそり集まることができるようになったのです。




さてさて、そんな楽しい集まりの中、シェルティーのゆう君とサクヤちゃんが、そっと抜け出しておデートのようですよ。
近くに流れる小川沿いの道を、二つのシェルティーの影が、月明かりに照らされながら、仲良く並んで歩いています。
「夜のお散歩は、なんだか涼しくていいでちゅね~。」
サクヤちゃんは、気持ちよさそうにそう言いました。
ゆう君は、なんだか照れくさそう。
「サクヤちゃんと二人っきりで夜のお散歩なんて、おデートみたいで照れくさいでちね。」
二人ともニコニコしながら歩いていました。
そうやって、しばらく歩いていると、ゆう君は何かを見つけました。
「んっ?サ、サクヤちゃん!小川の土手のところ、何かぼんやり光ってるでち。いったい何でちかね?」
見ると、確かにぼんやり光るものがあるようです。
二人はおそるおそるその場所に近づいてみました。
すると、お星様の形をしたものが、光りながら横たわっていました。
「ゆうお兄ちゃん!お星様でちゅ!お星様が、こんなところに落ちているでちゅ!」
ところが、お空のお星様が落ちてるなんて、ゆう君には信じられません。
「お星様?まさか…。お星様は、太陽みたいな恒星が光ったものとか、太陽に照らされて光っている惑星のことでちよ?」
「そんな難しい理屈とか科学とか、ワタチにはわからないでちゅ。でも、ほら、お星様の形をして、こうやって光っているでちゅ。」
ゆう君が覗いてみると、確かに星形のものが光っています。
「ホントでち…。でも、お星様にしてはなんだか弱々しい光り方でちね?」
ぼんやりと光るその姿は、お空の星ほどきらきらしていません。
辺りをどうにか照らしている程度で、その光り方を見たら、ゆう君にはまだお星様とは信じ切れない感じでした。
すると、何か声が聞こえてきました。
「た、助けて…。お願い…。お空に帰して…。」
「んっ?サクヤちゃん、何か言ったでちか?」
「言ってないでちゅよ?」
「そうでちか?何か聞こえたような気がしたでちけど。」
気のせいかな、ゆう君がそう思った時、また
「助けて…。お空に帰して…。」
確かに聞こえてきました。
そして、サクヤちゃんにもはっきり聞こえました。
「お星様?お星様がしゃっべったんでちゅね?どうしたんでちゅか?」
ゆう君も続けて言いました。
「助けてって…、いったい何があったんでちか?」
すると、お星様は、息苦しそうに、でも、がんばって、自分の身に起きたことを説明してくれました。
「実は…、いつものようにお空で気持ちよくキラキラ光っていたら、流れ星さんがぶつかってきて…。それで気を失って、気がついたらこんなところに落ちていたの。夜のうちにお空に戻らないと、わたし、光を失って、ただの石ころになっちゃうわ。だから、助けて…!お空に帰して…!」
そう言い終わると、お星様はまた苦しそうに息を荒くし始めました。
「ホントにとっても苦しそうでちゅ。助けてあげたいでちゅ!」
「そんな話を聞かされたら、ほっとけないでち。しかたないでち。急いでみんなのところに帰って、力を借りるでち!」
サクヤちゃんがお星様を抱えて、二人はみんなのところに急ぎました。






「みんな~!力を貸すでち~!助けるでちよ~!」
息せき切って、ゆう君たちがみんなのところに帰ってきました。
そのおおあわての様子に、ライナ君が声をかけました。
「どうしたのだ~?何をそんなに慌てているというのだ~?」
抹茶ちゃんも心配そうです。
「サクヤちゃんも息を切らして走ってきて…。何があったんでしゅか?」
ゆう君は、みんなに今し方のできごとを一生懸命説明しました。
最初は、何を言っているんだ、と、半信半疑のみんなでしたが、ゆう君とサクヤちゃんの必死な様子に、次第にみんな引き込まれて、だれも疑う者はいませんでした。
「というわけで、お星様をお空に帰さなければいけないんでち。みんなの力が必要でち。お願いでち!」
みんなも、なんとかお星様をお空に帰してあげよう、そんな気持ちになりました。
すると、風太君が、みんなに問いかけました。
「でも、何をどうすればいいなの~?お星様をお空に帰すって、やり方がわからないなの~。」
その言葉に、お星様は、また息苦しそうな声で答えました。
「この辺りで一番高いお山のてっぺんから、暗いお空に高く高く投げてくれれば、あとは自分の力でお空に帰れるの。皆さん、お願いします。帰してくれたら…、そう、皆さんのお願い事、必ず叶えますから!お願いします!お願い…!」
そんなお星様のつらそうな姿を見て、もう、みんなは何とかしてあげたい気持ちでいっぱいです。
さて、そこで、彼らの不思議な力を使えば、お山のてっぺんなんてすぐに行けそうですけど、不思議な力は1日に2回だけしか使えません。
1回目はこうやってみんなで集まる時に、2回目はそれぞれのご主人のところに帰る時に。
ここで不思議な力を使ってしまうと、今夜はご主人のところに帰れなくなってしまいます。
そんなことになったら、さあ、大騒ぎ!
だから、ここは走っていくしかないみたいです。
「でも、この辺りで一番高い山って、僕たちがどんなに早く走っても、夜明け前までに間に合うかどうかは、ギリギリなの~!」
心配性の風太君、不安で不安でしかたがありません。
だけど、親分肌のミカド君が、こう言ってみんなを元気づけました。
「ここでこうやって考えてたって、時間だけが過ぎていくだけだぜ。とにかく、みんなでその山のてっぺんまでお星様を運んでやろうぜ。」
この言葉に、みんなは勇気づけられました。
「お星様、きっと、きっと間に合うでちゅよ!だから、元気出してくだちゃいね!」
お星様は、サクヤちゃんの言葉がうれしくてたまりませんでした。
「ありがとう…、ありがとう…!」
「とにかく急ぐのだ~!みんな、出発なのだ~!」
七つの犬たちの影が、近くの高い高い山に向けて走り出しました。






お山は走っていくにつれて、だんだんだんだん道が険しくなってきました。
にんげんたちに比べて、優れた運動能力を持っている犬たちも、ここまでずっと走り通し。
さすがに息も切れてきて、苦しそうです。
でも、だれも弱音を吐いたりしませんでした。
みんなみんな、歯を食いしばって、険しい山道を必死に走っていきます。
走っていることに夢中で、お星様のようすを見ることをしばらく忘れていたみんなでしたが、そのうち豆柴のコマチちゃんが、お星様の苦しそうなようすに気がつきました。
「ねえ、お星様の光、なんだかさっきより弱ってるみたいでした~!息も苦しそうで、なんだかかわいそうでした~!」
コマチちゃんは足を止めて、サクヤちゃんに抱かれているお星様の心配をしていました。
それを聞いて、ゆう君もお星様のことを覗き込みました。
「それだけ夜明けが近くなったんでちよ。だから、光も弱いし、息も荒いんでち。早くしないと、石ころになっちゃうでち!」
サクヤちゃんの腕の中で、お星様は弱々しくて申し訳なさそうな声でいいました。
「ごめんなさい…。夜が明けてしまうと、もう戻れないから……。それに、みなさんのお願い事も、わたしが夜のお空に帰って初めて光った時に言ってくれないと、叶えることができないの……。お願い…!急いでください…!お願い……!」
お星様は、もう息が途切れ途切れです。見ていてかわいそうなくらいです。
ライナ君は
「もうしゃべらなくてもいいのだ~!光り方もどんどん弱くなっているのだ~!これ以上しゃべったら、お空に帰る力もなくなっちゃうかもなのだ~!」
と言って、お星様の心配をしていました。
とにかく、走るしかありません。
こんなにお星様が弱っているのだから、ゆう君が言うとおり、夜明けが迫ってきているのでしょう。
みんな、けつまづいたり、すべったり、大変な思いをして、でも決して走ることをやめません。
先頭はライナ君、続いてミカド君。
前の方でみんなを元気づけてひっぱっていきました。
「がんばるのだ~!」
「あと少しだぜ!」
サクヤちゃんが続きます。
「お星様、がんばってでちゅ!」
お星様を抱えいるサクヤちゃんの後ろを支えながら、ゆう君が走ります。
「サクヤちゃんもファイトでちよ!」
その後ろを、体の小さなコマチちゃんと抹茶ちゃん、二人で励まし合いながら、走っています。
「がんばるでした~!」
「これくらいのとで負けないでしゅ!根性見せちゃうでしゅ!」
一番後ろは風太君。
小さな体のコマチちゃんと抹茶ちゃんを心配して、時々後ろから押してくれています。
「すべっても転んでも、僕がいるから大丈夫なの~!がんばれなの~!」
そんな小さな2人を支えていた風太君だから、風太君だけが常に上を向いていました。
だから、一番最初に、お空のようすの変化に気がつきました。
「あっ!東のお空がだんだん薄紫色に変わってたなの~!もう夜明けが近いなの~!」
それでも、先頭を行くライナ君たちはあきらめないで、しっかりみんなを励ましていきました。
「大丈夫なのだ~!お山のてっぺんはもうすぐそこなのだ~!」
「ホントにあとちょっとだ!みんな、がんばれ!」
そして、その言葉通り、ほどなくしてお山のてっぺんにたどり着いたのです。






お山のてっぺんに立った7ワンたち。
不安げに東のお空を見てみると、薄紫色だったのがだんだん明るくなってきて、その明るさが少しずつ広がっていこうとしていました。
でも、西の方のお空はまだまだ暗くて、お星様の光が見えています。
「じゃあ、空の暗い方、西の空に、早速投げてやろうぜ。」
ミカド君がそう言った時、抹茶ちゃんがとんでもないことに気がつきました。
「あっ!しまったでしゅ!お星様を投げるっていうことができるのは、にんげんだけでしゅよ?お手々のないワンには、お空に投げることはできないでしゅ!」
さあ、ここまできて、大変なことになってしまいました。
「どうするなの~?ここにはにんげんなんていないなの~!」
みんな考え込んでしまいました。
そうしているうちに、お空の明るさは、西へ西へと…。
と、ゆう君は思い出しました。
「そうでち!ライナっち!確かお馬さん牧場で、後ろ足で蹴られそうになったでちね?」
「覚えているのだ~。あれは、あぶなかったのだ~。あっ……。それなのだ~!一番体の大きなオイラが後ろ足でお星様を蹴り上げるのだ~!それしかないのだ~!」
とんでもない名案が浮かびました。
「サクヤちゃん!オイラの後ろ足めがけて、そのお星様を投げてみるのだ~!」
「あいっ!」
サクヤちゃんは、大切に抱いていたお星様を、ライナ君の後ろ足へと投げました。
そして、
パッカ~ン!
ライナ君はみごとにお星様を蹴り上げました。
お星様は高く高く飛んでいくと、その内に自分の最後の力を振り絞って、さらに高く高く飛んでいきました。
それを見て、みんな大喜び!
ピョンピョン跳ねて、体中でその喜びを表していました。
「やったでち!うまくいったでち!西の暗いお空に高く高く飛んでいってるでち~!」
お星様は、空高く飛びながら、みんなに向かってこう言いました。
「ありがとう!ホントにありがとう!早く、早く…、お願い事を…!」
そうでした、お願い事でした。
確か、お星様が夜のお空に帰って初めて光った時にお願い事を言わないと、叶えることができない、そうお星様が言っていました。
「あっ?お願い事…!早く、お願い事を言うでした~!」
大慌てのコマチちゃん。
「お願い事、忘れてたでしゅ!お星様を帰すことで頭がいっぱいで、お願い事を考えてなかったでしゅ~!」
やっぱり大慌ての抹茶ちゃん。
東のお空の明るさが、西のお空に迫ってきています。
「ライナっち、急いでお願い事でち!」
ゆう君がライナ君を急かしました。
「え~と、え~と……。も、もう落っこちてきちゃダメのだ~~~~!」
みんなが、えっ?て顔をしました。
だけど、だけど、すぐにみんなも同じことを思いました。
「お空でずっと輝いてほしいでち~!」
「お空のお友達となかよくするでちゅ~!」
「また走らされるのはかんべんだぜ~!」
「お空で絶対に幸せになるでしゅよ~!」
「お星様はお空にいるのがきれいでした~!」
「みんな下から見守っているなの~!」
みんながそう言い終わると、
キラ~ン!
お星様は大きく光りました。
と同時に、東の空から迫ってきた夜明けの光に飲み込まれて、その姿が見えなくなりました。
それにしても、なんという7ワンたち、お願い事は自分たちのことだと思ったら、お空に帰ったお星様のこと。
どこまでも優しい優しいワンたちです。
ミカド君は心配そうに言いました。
「間に合ったかな?なんだかギリギリで、お願い事が届いたかどうか…。」
ゆう君が言いました。
「きっと…、きっと、大丈夫でちよ。たとえお星様へのお願い事が間に合わなくっても、神様は、きっと神様は僕たちが一生懸命ガンバったのを見てくれていたはずでち。そんな僕たちのお願い事だから、神様がきっと叶えてくれるはずでちよ。」
ライナ君が続きます。
「お願い事より、お星様のためになったことが大切なのだ~。これできっと、次の夜にもキラキラ輝いていられること、これがなにより大事なのだ~。」
そう言うと、深呼吸して、こう続けました。
「さあ、不思議な力を使って、急いでご主人のところに帰るのだ~。みんなのご主人がそろそろ目を覚まして、オイラたちがいないと心配するのだ~。」
みんなは目と目を合わせてにっこり笑って、パッと姿を消しました。
どうやら、それぞれのご主人のところへ帰っていったようです。






それぞれのご主人たちが目を覚ませて、さあ、朝のお散歩だ、犬を連れていこうとした時でした。
なんということでしょう。
泥だらけで傷だらけ、たった一晩で何があったのか…。
どのおうちのご主人も、ただただびっくりです。
ただ、犬たちはとっても満足そうな顔をして、今日ばかりはスヤスヤとお寝坊さんです。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック