「今」を生きる

皆さん、こんばんは。

いやあ、出版の記事にしていたら、やたらと皆さんに励まされたりアドバイスされたり、何だかご迷惑ばかりかけているようで、嬉しいやら申し訳ないやら…。
でも、「今」、前を向いて歩いています。
皆さん、本当にありがとうございます!




皆さんから応援されたり、アドバイスされたり、僕は本当に幸せ者です。
ネット上とは言っても、僕は1人ではない、ということを実感できるからです。

もし仮に、それは万が一に、ですけれど、それらがお世辞であっても社交辞令であっても、僕はそれであっても嬉しいんです。
よし、頑張ろう!
前を向いて、少しずつでも前進しよう!

という気持ちになれるからです。


以前にも書きましたが、僕は封建的な家庭で育ちました。
父親の発言は絶対であり、背く余地などなかった。
しかも、3兄弟の末っ子の中で、一番出来が悪く、一番迷惑をかけたと言われ続けてきた。
だから、ほとんど親が敷いたレールの上を歩いてきた。
教師の道を志していたのは本当です。
しかし、一度は大学院への進学も考えていたんです。
ただ、自信がなかったまさかの教員採用試験の一発合格。
親は、大学院を諦めろ、と言い、結局、それに従った。
いや、それは今は悔いてはいません。
なぜなら、僕は幸せなことに、素晴らしい教え子たちに恵まれたからです。
教員になっていなければ、彼ら彼女らとの出会いはなかったし、彼ら彼女らから多くの感動をもらったから。
こんなに幸せなことはありません。
僕は幸せ者です。
だから、生徒のために尽力した。
結婚して、子どももでき、そして子どもたちは今日まで真っ直ぐな心のままに成長してくれている。
家庭においても、僕は幸せ者。
だから、家庭のためにも尽力した。


ただ、時々、僕の心の中で、誰かがこう叫ぶんです。

「で、お前はお前のために、何を尽力したの?」
「親の期待のために尽力した?生徒のために尽力した?家庭のために尽力した?ほらほら、あんたは自己主張してわがままをどこで通したの?」
「人の笑顔を見るのが自分の幸せ?うそをつけ。お前は聖人君子か?」
「人の相談にのって、人が幸せになるのを喜ぶ?またまた~!お前がやりたかったこととか、自己顕示欲とか、もっともっとあるだろう?あっただろう?」
「目をつぶって、目の前のチャンスを見過ごしてきただろう?今まで、臆病なまま、安直な道を選んできたんだろう?」
「自分の意志で生きていけなかったお前が、生徒に『自分の思いを大切にしろ』なんて説いているのは、それは自分の半生を悔いているから、そう強く主張しているのだろう?」
「そうそう。ある意味、反面教師だよな。自分みたくなるな、そう言いたいんだ。」
「で、そんなこんなで病気になってる。ほ~ら、どこが幸せ者だよ?」


それが本音なのかもしれません。

でも、ようやく僕ができることを、僕が僕らしくあれる時間を、「今」、見つけることができたように思うんです。

このブログを開設してから、そして、この夏あたりから多くの方に訪問していただくようになってから、僕の記事に対するコメント、励まし、応援、アドバイス、共感、反論…、それらが僕の存在意義を示してくれました。
僕の、だらだらで中身の少ない記事に対しても、コメントを入れてくださる方々。
それが僕を支えてくれていることに気づいたんです。
そして、「つぶやき」への多くの応援、共感。
病気で疲れていた僕の心を、これほどまでに支えてくれたこと。
感謝してもしきれないほどです。


せっかちになりそうな僕のことを止めてくれたのも、周りの皆さんでした。
そんな皆さんのおかげで、僕はようやく僕の道を見つけ、少しわがままになろうとしています。
わがままになって、僕の本性をようやくさらけ出そうとしています。
わがままであるためは、時に人目をはばかるような部分も出てくるでしょう。
それも含めて、僕。
光があれば闇がある。
闇があれば光がある。
聖人君子ではないのですから、そんなにたいそうな人物でもないのですから、それでもいい、そう思っています。


「そうそう、目立ちたいから出版するんだよな。」
ああ、それも認めてやるさ!
「ある意味、かっこつけたいんだよな。」
ああ、そうだよ。
“僕、本を出しました!”って、かっこよく見せたい部分だってあるさ。
否定しないし、肯定してやる!


本音と正面切って向かい合って、わがままな道を少しずつ歩いていきます。
こんな僕です。
もしかしたら、応援するに値しない人間です。
でも、僕は皆さんのおかげで、とても大切な「今」を生きています!
かけがえのない「今」を生きています!

1人では気づかなかったこと、目を背けていたことに、ようやく正面向いて考えることができるようになりました。
本当にありがとうございます。
まだまだ未熟者の僕です。
これからも、よろしくお願いします!



それでは、明日が皆さんにとって充実した1日でありますように。


おやすみなさい。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 酒林ゆき

    たいへんお久しぶりにコメントさせていただきます。
    実は、今の私、かなり凹でいます。
    自分の夢は、ここまでか・・・と泣きごとを言っています。
    そして、涅さんがくださった気持ち玉を頼りにこちらへやってきました。
    そして、記事を読ませていただきました。涙が出ました・・・・・・・・・・・・・・・・。

    ほんとうに嬉しいです。嬉しくて嬉しくて、またまた涙が出ました。

    どうかわがままになってください。
    涅さんは、涅さんの夢を追いかけるにふさわしい人物なのです。
    さらに言えば、この世に存在する全ての人がそうあるべきなのです。
    私は、特に、涅さんのような方に、世の中を変えていただくほんの一滴になっていただきたい。
    私も、微力ながら、それをしようともがいています。
    「願う」こと。・・・・・・・・・・
    必ず、何らかの形で叶います。必ず・・・必ず・・・必ず・・・。
    私は、それを証明してみせます。
    私のたどった軌跡を子供達に見せてやりたいのです。
    「お母さんは、頑張ったでしょ♪」と。
    涅さんがもし、出版を実現されたら、ぜひ、サイン入りで売ってくださいね♪
    我が家の家宝にします。
    私の心の支えにします。
    ネット上の関係は、ある意味、「真のつながりの場」と私は考えます。
    お互いが本音を勇気を持ってして出し合ったとき、そこでは、オフラインでは手にできないとても大切な何かを手にすることができる・・・、この一年、「酒林ゆき」として行動してきて感じたことです。
    このつながりが、もっともっと広まれば、世界は変われると思います。
    私の願い、未来の私に届けます。
    2009年12月17日 06:27
  • 酒林ゆき様>
    コメント、ありがとうございます。
    僕は、今回の記事で自分の心をさらけ出してみようと思いました。かっこいいことばかりじゃない自分、だけどやりたいいくつかの「わがまま」をいつまでも押さえ込むのは、もうやめよう、少しずつであるけれども、ちゃんと自分の、自分のための道を歩こう、人が認めなくても、ののしられても、ある意味、自分の心の願う道をあるいたっていいじゃないか、そんなふうに思っていたんです。
    僕は聖人君子ではありません。
    できた人間ではありません。
    でも、ゴールへの道がどんなに曲がりくねっていたとしても、どんな酷評を受けたとしても、歩こうという思いになれた。それは、皆さんのコメントなどのおかげです。
    ゆっくり、でもしっかり歩いて行きます。

    僕はこのブログでコメントしてくださる方々で、ご希望がある方には、無料でお配りしたいと思っています。せっかく応援してくださっているのですから。でも、かなり先の話ですけれどね。
    2009年12月17日 10:18
  • dragon pearl

    幸せを幸せと感じ、自分で理解することは素晴らしいですね。「よし、頑張ろう!前を向いて、少しずつでも前進しよう!」私も心がけたいと思います。温かいコメントありがとうございました。
    2009年12月17日 10:20
  • dragon pearl様>
    コメント、ありがとうございます。
    素晴らしい、という言葉が僕にあてはまるかどうすは、まだまだこれからの僕の歩き方次第かも知れませんが、そう言われると素直に嬉しく感じます。
    ゆっくりゆっくり、歩いていきます。

    ネコちゃん、その後いかがですか?
    2009年12月17日 10:37
  • □地&○地

    「明るいところから闇は見えない、闇にいる時よく見ておけ」。三菱財閥創業者の岩崎弥太郎さんの言葉らしいけど人生に通じるものがあります。 落ち込んだり、失敗した時でなければ見えないものがあるものですよね。 自分は、中学の頃は教員(美術)になれたらいいなと思っていました。 しかし、親父の病死で、生活していくのがやっとの状態。 工業高校を出て、地元で就職するのが最優先と諦めたものでした。 そんな勤め先も倒産やらと転々の人生。 あの頃、無理してでも、美術の先生を目指すべきだったのかなどと後悔した時期もありました。 折り返しを過ぎた人生をどう生きていくか手探りの毎日です。
    2009年12月17日 11:12
  • トヨママです

    涅さんの、<わがまま>を、通したい。
    この気持ち、良く分かるような気がしますでも、、、自分のやりたい事、進みたい道、突き進んで行く事は、決して<わがまま>な事ではないように思います。
    どちからと云うと、私も何か物事始める時には、周りの状況・周りの反応・誰かに迷惑がかからないように・・とか、自分がちょっと我慢すれば、物事まるく修まるかな?とか・・・
    そんなことばかり考えてしまう性格でして(笑)

    でも、それって・・・要するに・「いい子ちゃんでいたい」!!だけなんじゃあないのかなぁ~と最近思うようになりました。(笑)

    やりたい事をやることは、周りの反感も覚悟しなければそんなに簡単には、出来ません。
    でも・・・突き進んでいくうちに、皆・・何時か認めてくれるものなんじゃあないのかなぁ~?って・・・。

    自分の良い所も、悪いところもさらけ出してしまえば、意外と怖いものなし!!に、なれるんじゃあないのかと。。。。この歳になって感じはじめています。 (笑)

    いいと思いますよ❤
    人生・・後何年生きられるか分かりませんが・・ここいらで、自分、思いっきり出して生きましょうよ!!

    私も、少し・・・わがまま人生生きてみたいと、思います。(^_-)

    ・・・って、何だか・・老後の話みたくなっちゃいましたね(爆笑)
    2009年12月17日 11:37
  • □地&○地様>
    コメント、ありがとうございます。
    「明るいところから闇は見えない、闇にいる時よく見ておけ」。素晴らしい言葉をありがとうございます。その通りかも知れませんね。
    □地&○地様にも、その半生にいろいろあったのですね。人それぞれ、思い残してきたこと、あるいは今もしかしたら踏み出せるかも知れないけれど、躊躇していることがあるのでしょうね。
    僕はようやく「わがまま」を通そうとしています。つらいこともあるでしょうけれど、何とか前を向いて歩いていこう、そう心に誓っています。
    2009年12月17日 13:56
  • トヨママ様>
    コメント、ありがとうございます。
    「いい子ちゃんでいたい」
    グサッときました。まさしくその通りの僕だったんです。踏み込めず、怖がって、そして、周りの目ばかり気にしていた、「いい子ちゃん」。生徒によくこういう僕。「かっこつけるな。かっこよくなれ。」って。でも、その僕がかっこつけて、何かうまくまとめようとしていたんですね。
    つらくても、周りに迷惑かけても、少しずつ前へ歩いていきます。たとえ、遠回りでも。
    2009年12月17日 13:59
  • 841

    じゃあ・・・
    ここらでひとつ
    「笑えるやつ」も書いてください。
    2009年12月17日 14:13
  • 841様>
    コメント、ありがとうございます。
    「笑えるやつ」ですか?
    どうも、最近の僕には難しいなぁ…。
    2009年12月17日 14:15
  • oriver

    生きてるって実感して、生きる日々って素晴らしと思います
    お休みをした時間が与えてくれた「本当の自分」経験した中で無駄なものは決して無いという事ですネ
    2009年12月17日 23:19
  • oriver様>
    コメント、ありがとうございます。
    そう言ってくださると、心が軽くなります。
    自分の思いを大切にして、たとえ周りに幾ばくかの迷惑をかけたとしても、自分の道を歩きたい、そう思います。
    2009年12月18日 05:47
  • koji

    わがままで いいじゃないですか(笑)!

    ボクはわがままです。(って、自慢することじゃないですが(笑))
    「矛盾はあっていいんだよ」
    とはインディアンの教えにありました。
    (国語の先生には釈迦に説法、でしたね。)

    「いまを生きる」
    大賛成です。


    ブログについてはボクも同じように感じています。
    ブログって、ほとんど実態を知らないところから、今年の4月に始めたのですが、こんなにも多くの「ブロガー」さんたちと、つながりを持つことができて、しかも素敵なひとたちばかりで、「なんて自分は運がいいんだろう」と、毎日、感謝の気持ちでいっぱいです。

    ・・・なんか、いいこと書いてるかなあ、そのまま自分のブログにのせちゃおうかなあ(笑)。


    ボクはかっこつけると「誰かの役に立ちたい」という思いでブログを始めました。

    ですが、皆さまとの交流はボクにとって、思いがけない「ギフト」でした。

    まとまりがないですが、また「コント」も書きますね。

    ブログを始めた自分を誉めてあげましょう♪
    では、またです。

    2009年12月18日 18:02
  • koji様>
    コメント、ありがとうございます。
    「わがまま」
    案外難しいですよね。必ずどこかで相手があることで、その相手に迷惑をかける。だから躊躇するんです。そして、進みたいのに進めない。
    何だか片思いの恋愛みたいですね。
    さて、僕の「わがまま」はどう進んでいくのでしょう?暗闇を手探りで歩いてみます。
    2009年12月18日 19:41
  • koji

    「わがまま」
    あんまり、難しく考えてはいけません(笑い)
    ニコニコしながら、自分の好きなことを続けてみる。
    周りにちょっとずつ迷惑を掛けながら、自分を許して、受け入れて続けてみる。

    ニコニコしている人には、周りの人も許してくれちゃいます。

    車は修理すれば直ります。

    交通事故に遭わかったなんて、とっても幸運です。

    心はご自身がニコニコしていれば、少しずつ治ってくるんだと思っています。

    ニコニコしながら、好きなことをしましょ。
    2009年12月19日 05:42
  • koji様>
    コメント、ありがとうございます。
    ニコニコしますよ。少しずつですけれど、まあ、笑顔だけが取り柄ですから。
    大丈夫ですって。
    安心してください。
    2009年12月19日 07:13
  • koji

    共感できるところがたくさんあったので、ボクのブログにトラックバックさせて頂きました。
    2009年12月20日 06:29
  • koji様>
    トラックバック、どうぞどうぞです!
    でも、これ、そんなにいい記事ではないと思うけど、いいんですか?
    2009年12月20日 08:41
  • 酒林ゆき

    過去にもどりたいならいつ?

    という質問に、私は「今」と答えます。
    これは、今を楽しいものにするために、いかに今しかできないことをするか。
    将来、過去を振り返った時に思い出に残るものにするか。
    そんな思いから、自分に言い聞かせていることです。
    過去の忘れたい記憶や、戻りたい記憶、いろいろありますが、私はあえて「今」にこだわりたいと思っています。
    それから、出版のお話は、あくまで結果であって、それまでどのような道をたどったとしても、それが涅さんの選んだ道で、それが正しいのだと思います。
    そして、無料はダメですよ!
    お金をきちんといただいて、また次につなげるのです。
    私は、そうしていただきたいです。
    例えば、私が1000円お渡ししたとします。
    それを、涅さんが5000円の価値あるものを生み出すために使っていただければ、私の夢が叶うのです。
    これは、私がこの1年間で学んだことをまとめたものです。
    少しばかり抵抗があるかもしれませんが、もし、私だけだったとしても、そうさせてください。
    私も、頑張っちゃいますよ!(^^)!
    多くの方を幸せにするために!
    2009年12月20日 19:55
  • 酒林ゆき様>
    再コメント、ありがとうございます。
    まっすぐに「今」を生きていらっしゃいますね。素晴らしい姿勢だと思います。
    わかりました。では、有償で遅らせていただきます。といっても、いつになることやらですけれどね。
    1社から返事が来て、出版の契約を考えてくださっています。しかも、軽乗用車の新車1台分の値段ですから、以前の会社よりも格安でした。まだ数社に原稿を送っていますので、しっかり比較検討した上で、じっくり考えてみたいと思っています。
    2009年12月20日 22:56

この記事へのトラックバック

「「今」を生きる」について
Excerpt: 「「今」を生きる」について
Weblog: ちょっと幸せになれるコラム
Tracked: 2009-12-19 06:00