風さんのつぶやき

皆さん、こんばんは。

ネタがないことで始まった「つぷやき」シリーズ。
で、今日もネタがな~い!
なので、「つぶやき」スピンオフ企画です。
何気なく使っていた「風さん」
なのに、案外重要な役割を負わせてしまいました。
このまま終わると、「風さん」に申し訳がなく…。

(ネタがない言い訳だな…)
ども。秋風の吹く玄関先にやって来た、小さなちょうちょ、イチモンジセセリです。
画像

もう5年にもなるのね。
あの子たちも大きくなって、今ではおうちの家族としてしっかりやっているけれど、最初の頃は心配で心配で仕方がなかったの。

私は風。
そう、自由に空を飛び回る風。
時にはそよそよと、時にははげしく、この世界を飛んでいるの。
私は私の気分で吹くけれど、そんなにいたずらなことはしないわ。
でもね、「にんげん」って、その日のお日様の具合で、同じように吹いても、
“涼しい”
とか
“寒い”
とかいうのよ。
面白い生き物よね。
夏なんて、もっとおかしいの。
「こんくりーと」とか「あすふぁると」とかいうものがある所で吹くと
“風が熱いよ~”
なんて言って、同じように吹いているのに、木陰や土のある所では
“気持ちいい~!”
ですって!
だったら、森や土のある所にいればいいのに。

そのくせ、私に乗せて、いろいろな物を飛ばすの。
でも、ゴミや、汚くなった空気を、私に乗せて大空に飛ばすから、私、時々咳き込んじゃって、思わず強く吹いてしまう時もあるのよ。
本当に「にんげん」って、ちょっと勝手が過ぎるわね。

あの日は、ノンビリと吹いていたの。
お日様が元気な日だったから、ポカポカした気分にさせてあげようと思って。
そうそう、「どうぶつあいごかん」っていうのかしら、そこには「にんげん」から見放されたワンちゃんやネコちゃんたちが預けられる所があって、川の土手でワンちゃんたちが遊んでいたので、できるだけ吹き込まないようにって思っていたの。
のんびりとひなたぼっこができるようにね。

そこへあの「にんげん」の家族がきていたの。
どうやらワンちゃんを引き取りにきてくれたみたい。
嬉しかったわ。

だって、1人でも多くの子たちが助かることが私の願い。
だけど、「あいごかん」に預けられても、最後まで誰にも引き取られないと、「しょぶん」というものを受けて「命」をなくしてしまう子たちがいるの。
そして、「命」をなくしてしまったその子たちの体は焼かれてしまうのよ。
私が一番悲しいこと、それは、その子たちの体が焼かれた時の「けむり」を運ぶこと。
その時は、できるだけ高く高くどこまでも高く、大空へと運ぶの。
神さまの近くに迷わずに行けるように…。

そう、あの「にんげん」の家族の話だったわね。
あの家族もいろいろなワンちゃんたちとふれあって、ニコニコしていたの。
どの子もかわいいでしょ?
どの子にするか、ずいぶん迷っていたみたい。
お散歩の時間が終わったので、その家族が帰るのかな?って見ていたら、「あいごかん」という建物の中に入っていったの。
どうするのかしら、と思って、すき間からそっと入って後をつけてみたら、「けいじばん」というものを見て、あるおうちのワンちゃんたちのことが書いてある紙を見ていたわ。

あら?その紙に書いてある子たちって、あの子たちのことじゃないの!
それって、もしかしたら…?

私は慌てて飛んでいったの。
少し前に、何度もあの子たちがいるおうちの辺りを吹いていたから、知っていたのよ。

5人姉弟のかわいい子たち。
やんちゃだったり、引っ込み思案だったり、もうみんな個性的でいい子たち。
でも、私の目の前で、一番上のお兄さん、その次はお姉さんと、別の「にんげん」に引き取られていったわ。
そのたびに、あの子たちのお母さんが泣いていたの。
「私の子を連れていかないで!」
何度も何度も叫んでも、「にんげん」には分からない。
あんまり叫ぶと、おうちの人に
“うるさい!”
なんて怒られて、本当にかわいそうだった。
私は残った3人の子たちが心配だったの。
でも、そのおうちに、こっそり入った時に聞いてしまったの。
“残った子たちの引き取り手がこなければ、「あいごかん」に預けるしかないな…”
何でそうなってしまうの?
悲しかった…。
あんまり悲しいから、その子たちのお母さんに教えてあげたの。
「まさか?そんなこと…。私の子供たちなのよ。『にんげん』がどうして勝手に私から子供たちを引き離すの?」
お母さんは泣いていたわ。
とても寂しそうに、悔しそうに…。

だから急いで飛んでいったの。
あのお母さんがいるおうちに。
そして、教えてあげたの。
「もうすぐ、残りの子の誰かを引き取りにくる『にんげん』が来るわよ!」
お母さんは、すぐに泣き出したわ。
「もうすぐ来るの?また誰かとお別れなの?いや、いや!ねえ、何とかならないかしら?」
「でも、そんなことを言っても、どうしようもないわ。それに誰も引き取りに来なかったら『あいごかん』という所に連れていかれるのよ。そして、そこでも誰にも引き取られなかったら…。」
私は、一生懸命に説得した。

最初は泣いてばかりだったお母さんも、だんだん覚悟を決めたみたい。
「だったら…、あの子たち3人とも引き取ってもらえないかしら?」
「どうして?そんなに急にいなくなったら、あなた、寂しいでしょ?」
「いいえ、もし、あと3回もお別れの悲しみを味わわなければならないのなら、そんなにつらいことはないわ。できればもう…、もうただ1回だけがいいの。寂しいけど、つらいけど、悔しいけど、もし誰にも引き取られないで『あいごかん』という所で『しょぶん』というものにされたら、もっともっと悲しいでしょ?あなたが空へと『けむり』というものを運んでいる姿を見ては、そのたびに私は悲しくなってしまう…。」
お母さんのいうことはもっともだった。
「わかった。だったら私も力になるわ。」

あの「にんげん」たちが、そのおうちについたのは、それからすぐだったの。
私はお庭の日影で遊んでいた2人の子に冷たく吹いてやった。
ブルッと震えて、すぐにあの「にんげん」たちがいる日の当たる場所に飛び出していったの。
でも、あと1人は?
おうちの周りを見てもいるようすがないの。
もしかしたら、おうちの中かしら?
おうちのすき間から中に潜り込んだら、いたいた!
一番臆病で寂しがり屋な子が!
怖くて怖くて震えていたから、私の声も聞こえない。
だから、外の様子を、私に乗せて聞かせてあげたの。
そしたら
「あの2人が連れていかれちゃう!」
って、慌てて外に飛び出したわ。

あの「にんげん」の家族は、みんな気に入ってくれたの。
どの子にしよう?なんて迷わずに、みんなを引き取ることに決めたの。

「さぁ、あなたの希望どおりにしたわよ?本当にこれでいいの?」
「ええ、これでいいの。これで…。」
お母さんは涙を流しながら、でも、強い顔で、あの子たちの姿を見つめていたの。
そんなお母さんの気持ちも知らないで、楽しそうに話をしている「にんげん」たち。
「さて。あともう一仕事ね。」
「え?」
「最後に、大きな声で叫びなさい。何度でも何度でも。おうちの『にんげん』にどう言われてもいいから、気が済むまで叫ぶのよ。」
「そんなこと…。でも、どうして?」
「あなたの言葉を私に乗せて伝えるのよ。少しでも長くね。」
「……ありがとう!ありがとうね、風さん!」

「ごめんね、ごめんね。気をつけてね。体をこわさないでね。いつまでも元気でいるのよ!新しい『にんげん』たちに可愛がられるのよ!……さようなら!さようなら!」
お母さんの子供たちへの最後の言葉を乗せて、私はあの「にんげん」の家族が乗った「じどうしゃ」を追いかけたの。
一生懸命に吹いて、声を届けようと頑張ったわ。
あの声は、あの子たちに届いたかしら?
あの子たちの耳に、そして心に。
あのお母さんの精いっぱいの気持ちがこもった声が…。

あとは、あの子たちがお話ししたとおり。
本当に世話のかかる子たちだったわ。
でも、本当にかわいい子たち。
本当に、素敵な子たち。
あら?
もう、立派な大人なのかしらね?
ウフッ、そうでもないみたい。
今日もベランダで吹いていたら、
「風さん、こんにちは!今日は何処へ行くの?」
「風さん、こんにちは!何かお話しを聞かせてよ!」
「風さん、こんにちは!あのね、僕、こんなことができるようになったんだよ!」

もう、みんないっぺんに話しかけて、何が何だか分からないわ。
まだまだ手間がかかりそう!
本当に…!
いつまで経っても、かわいい子たちね……!





この子たちのお母さん。
僕ら家族は、精いっぱい彼らの『命』を育んでいます。
この子たちを生んでくれて、そして僕ら家族に預けてくれて、本当に、本当にありがとうございます!


それでは、明日が皆さんにとって出会いと感謝に満ちた1日でありますように。


おやすみなさい。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • リューイ

    ホントにネタが無いんですか?
    (笑)
    この『つぶやき』はじっくり読むと面白くてたまりません・・・
    なんて言うかスタイルからして考えてみても同感なのですが以前少しだけ考えた事があるんです

    地球の悲鳴

    この気持ちをね・・・
    このシリーズを読んでいるとアスファルトやコンクリートに関わる仕事をしている俺には勉強になります☆
    2009年10月15日 21:27
  • marippechan

    やっぱり絵本にしたいです☆(^-^)/
    って感じ~~~☆(^0^)
    風さんのつぶやきが聞こえてきちゃいますもん!!
    私の想像力が豊なのかしらん??(^_-)-☆
    子供にも話してあげたいと思います♡
    2009年10月15日 22:01
  • koji

    恐れ入りました。
    期待以上でした。
    少し泣きそうになりました。

    風さんは女性だったのですね。

    良いお話しをありがとうございました。
    涅さんの愛情の深さを感じました。
    ありがとうございました

    2009年10月15日 23:01
  • リューイ様>
    コメント、ありがとうございます。
    本当にネタはありませんよ。実際に書き始めて、それからストーリーが展開されています。だから、書き始めの時点では自分でも結末が分からないんです。

    地球の悲鳴

    どんな叫びを上げているのか、聞いてみたいですね。ぜひも書いてみたらいかがですか?
    2009年10月16日 00:08
  • marippechan様>
    コメント、ありがとうございます。
    絵本ですか…。
    実際に本となると、まだお話を考えないとページ数は足りませんね。絵は…僕にはどうかなぁ?
    まぐろ様、祗季様。
    これ、読んでいたら書いていただけませんかね?
    …て、出版までは行かないと思いますので、却下ですね。
    2009年10月16日 00:12
  • koji様>
    コメント、ありがとうございます。
    いやいや、載せられてここまで書いてしまいました。
    先にも書いたように、書き出してからだんだんストーリーができてくるので、すべての「つぶやき」の結末には自信がないんですよ~。
    こんなものでよかったのでしょうかね?
    あまり皆さんに褒められてると、照れくさくていけません。
    伝えたいことを自然に書いただけですしね。
    2009年10月16日 00:15
  • koji

    「伝えたいことがある」
    これが大切ですよね。自分でブログをアップするときも、3行イメージできれば、何かしら書けると信じています。
    4行目以降に自分の中から出てくる何かって、とても楽しいですよね。

    それも文章を書く醍醐味なんではないかと思うのです。

    私も精進しようっと。
    2009年10月16日 07:29
  • koji様>
    コメント、ありがとうございます。
    書きたいこと、伝えたいことがあれば、自然と文章が流れていきます。僕はその流れに身を任せて書いています。時々、描写に不足があれば細くしながら。
    ただ、僕は欲張りなので、いつも長文になってしまいます。コンパクトに書けるような努力も必要ですよね。
    2009年10月16日 07:33
  • なぉちん

    おはようございます!!!
    明日はいよいよディズニーシーへ行く日ですね(^ー^)V

    なぉちんなりにディズニーシーのオススメをまとめてみたので・・・・・・

    【おすすめフード】
    最近はレストランじゃなくてもワゴン系食べ物が人気なのでなぉちんはいつもワゴンフードで食べ歩きしてますよ!!!

    ①ロストリバーデルタのエクスペディション・イートで売ってるソーセージのホットドッグ

    ②ミステリアスアイランドのリフレッシュメント・ステーションで売ってるギョウザドッグ

    ③ポートディスカバリーのシーサイドスナックで売っているうきわまん

    ④ビールに最高なターキーの3種
    スモーキーターキーレッグ(ミステリアスアイランドのノーチラスギャレー)

    スパイシースモークチキンレッグ(ロストリバーデルタのロストリバークックハウス)

    ブラックペッパーポークリブ(メディテレーニアンハーバーのリフレスコス)

    ⑤ブラックペッパー味のポップコーン

    レストランは個人的にマゼランズが好きです。

    2009年10月16日 11:02
  • なぉちん

    【おすすめグッズ】
    やっぱりハロウィーン限定品が良いかもしれないですね♪♪♪

    なぉちんはダッフィーが欲しかったのですが金欠で買えなかったけど今はほとんどの方が持っているのでオススメですよ!!!

    ダッフィーの専門店がアメリカンウォーターフロントのアーント・ペグズ・ヴィレッジストアーにありますし今の時期はハロウィーンのコスチュームもあるのでマジ可愛いですよ(^ー^)V


    楽しんで来て下さいねo(^-^o)(o^-^)o
    2009年10月16日 11:03
  • なぉちん様>
    コメント、ありがとうございます。
    それにアドバイスしていただいて、ありがとうございます!
    個人的にはドナルド大好きですので、うきわまんに興味津々です。あとは、ブラックペッパーポークリブかな?
    ダッフィーは奥さんも娘も持っています。
    さすがに中高年の僕にダッフィーのぬいぐるみはないですよね…。
    2009年10月16日 13:35
  • なぉちん

    なぉちんもドナルドが大好きですよ♪♪♪

    涅さんがダッフィーを抱いている姿を見てみたいかも(笑)


    次に行く時は、なぉちんもダッフィーを買えるようにお仕事頑張ります!!!


    明日は誰と行かれるのですか????
    2009年10月16日 16:13
  • なぉちん様>
    何度もコメント、ありがとうございます。
    ダッフィーを抱いてちゃまずいでしょ?
    加齢臭のうつったダッフィーも可哀想です…。

    奥さんと娘、あと娘の友だち2人ですよ。息子は部活命で今回は不参加です。
    2009年10月16日 18:06

この記事へのトラックバック